スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっと休みだぁ~。

花金♪花金♪

あぁ~金曜日ってなんでこんなに嬉しいんだろ。

やっと休みだぁ~。




(*´Д`)=3 ふぅ




働き始めて もうすぐ1ヶ月。

疲れてグッタリ~の毎日。

ブログも放置状態。




遊びに来て頂いてるみなさん、すみませ~~~~~~ん(。・人・`。))ゴメンネ




仕事前の時間や休憩時間に 携帯から(仲良くして頂いてる方の)ブログをチェケラ☆

・・・してるものの、コメントを残すまでは あんまりできず(><)




ひぃぃぃぃぃ~っ!!

ブログ大好きの *tomo** には地獄だな。




前みたいに毎日更新はできないけれど、たまーに更新すると思うので、

たまーに遊びにきてもらえると嬉しいです(笑)




明日は だんなっちの野球観戦に付いて行って、隣のららぽーとで1人お買い物しまーす!

それから夕方は、甲子園近くに住む友達と合流☆

仕事終わりなのに時間作ってくれるって♪やった~!

久しぶりに会う友達なので すっごく楽しみです(^―^)



onp4.jpg


今日も読んでくださりありがとうございます☆
スポンサーサイト

浮気現場の写真?!

先日、郵便ポストに届いた封筒。




宛先は 我が家の名字のみ。

だんなっちの名前も *tomo** の名前も書かれていない。

裏には 差出人の名前が書いてあるけど、見たことのない名前と住所。




そして ちょっとした厚みのある封筒。




なんなんだ…これ…。




家には *tomo** 1人。

恐る恐る…封を開けた。




中身を取り出すと写真が入っていた。

取り出して見えた側が写真の裏側で、まだ何の写真だか分からない。




ドキドキ ドキドキ ドキドキ




だんなっちの浮気現場の写真だったら どうしよう(。゚ω゚)

どうしよう どうしよう どうしよう




心臓バクバクの状態で、目を閉じて写真を裏返す。

そして目を開ける。




…と。




イタリア旅行の写真が入っていました☆

写真を見た後に 封筒をのぞくと手紙が同封されていました。




読み進めるうちに送ってくださった方が分かった!

現地合流プランで4人力を合わせてイタリアまで行ったもう1組のご夫婦☆
(詳しくは → こちら ←)

珍しい名字だったので名前の響きだけで呼んでいて、名字の漢字が全く想像できなかったので、封筒の差出人を見てもサッパリ分からなかったんです。




旅行から帰ってきて約2ヶ月が経って、届いた手紙。

住んでいる場所も遠くて、もう会うことなんて無いであろう だんなっちと*tomo** に、写真と手紙を添えて送ってくださったご夫婦の想いが とっても嬉しかったです。

こうゆう素敵な心は ぜひマネしていきたいです☆





心があったか~くなった出来事でした♪


yotuba1.jpg


来訪ありがとうございます☆

にほんブログ村 家族ブログ 新婚夫婦へ
にほんブログ村

自分が嬉しいことは どんどんマネしていこぉ~!

ご…ごもっともです。

先日のこと。




夜12時をすぎても、シャワーも浴びずにリビングで寝てた だんなっち。

起こしても起こしても起きなくて、これはもうダメだな…と思ったので そのままにして眠りについた *tomo**。





翌朝になって、隣をみたら~だんなっちがいないっΣ(・oノ)ノ

(と驚いてるけど本当は予想どおり!笑)





リビングに行ったら、だんなっちはソファでまるまって寝てました。





*tomo** 「おはよ~!」

だんなっち 「あら?あらら~。」

*tomo** 「あららじゃないよぉ。何やってんの~そんなとこで~!」

だんなっち 「ん~今は~寝てる。




(o;TωT)o
そ、そうですね。寝てますね。
ごもっともですね。



col37.gif

来訪とっても嬉しいです!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ
にほんブログ村

どこまでも冷静でマイペースなだんなっちなのでした。

4/6 ヴェネチアでゴンドラ遊覧。

4/2~11 のイタリア旅行記です!

これまでの記事はコチラ↓をご覧ください☆
・ 『 出発前の不安MAX
・『 イタリアに出発!我が家~飛行場 編。
・『 イタリアに出発!日本~ソウル 編。
・『 イタリアに出発!ソウル~フランクフルト編。
・『 イタリアに到着!フランクフルト~ローマ編。
・『 4/3 青の洞窟(ナポリ&カプリ島)。
・『 4/3 ナポリ車窓観光。
・『 4/4 ローマの朝。
・『 4/4 ヴァチカン市国。
・『 4/4 トレヴィの泉、スペイン広場、真実の口。
・『 4/4 ローマの午後は何するだ~。
・『 4/5 花の都 フィレンツェ。
・『 4/5 フィレンツェで息切れ。




見えてきた見えてきた~!!

船に乗ってやってきたのは 水の都~

*ヴェネチア**
461054_convert.jpg

ジブリ映画『魔女の宅急便』で、キキが「海に浮かぶ街」って言葉を口にしているんだけど、ベネチアは本当に キキの言葉そのまんまの街!

一歩 足を踏み入れると、『魔女の宅急便』で出てくる街の雰囲気とは違うんだけど、船から見た感じがね、そのまんま!
 



461110_convert.jpg

聖マルコの象徴とされる 右翼の獅子が街の至るところにいます。

仮面も たっくさん売られています。

そして もちろん!ゴンドラにも乗りました~(・ω・*)ノ




*進む進む**
461131_convert.jpg

進み出したけど、最初から工事中。




*溜め息橋**
461132_convert.jpg

工事中の真っ青な板に囲まれて、なんだか アトラクションに乗ってるみたいだった。

その中に写ってる 白い小さな橋が “溜め息橋”。

溜め息橋は、ドゥカーレ宮殿の尋問室と牢獄を結ぶ橋です。
(溜め息橋からの眺めは囚人が投獄される前に見るヴェネツィアの最後の景色で、囚人が独房に入れられる前に窓の外からヴェネツィアの美しい景色を見られるのは最後であるため 囚人がため息をつくということから名付けられた橋。ウィキペディア参照。)

*tomo** もこの後 溜め息橋から外の景色を見たんだけど、橋にたどり着くまでの重々しい空気などもあって、外を見た時は ちょっと悲しくなりました。




*ゴンドラから見る路地**
461135_convert.jpg

観光として歩く道は大きな道ばかりでしたが、ゴンドラに乗りながら見える路地は 地元の方が歩いていたり、窓の外に洗濯物が干してあったりして、ヴェネチアでの暮らしを見ることができた時間でした。



*ゴンドリエーレと記念撮影**
461140_convert.jpg

この右上の写真、工事現場のおっちゃんたちです。
工事用一輪車やはしごなどの工事道具も 船で運んでます。




*tomo** 、今日はヴェネチアだ!ゴンドリエーレだ!ってテンションあがって、この日はボーダーの服を着た。
(ガイドブックを見ると、ゴンドリエーレは大体ボーダーを着ている!)

なのにさっ!

だんなっちと*tomo** が乗ったゴンドラのゴンドリエーレは 写真のとおり…ボーダーじゃなかった(><)




*あっとゆう間に到着~**
461156_convert.jpg

ほらほら!前に見える ゴンドリエーレは 赤いボーダーなのにっ!笑




*サン・マルコ寺院**
461019_convert.jpg

で、無駄にボーダーを着ちゃった *tomo**(←まだ言ってる!笑) とサン・マルコ寺院。

461025_convert.jpg


461030_convert.jpg

入り口より先はね、写真撮影禁止。

写真が無いと 記憶にも残ってないってゆう、悲しい人間=*tomo** 。




ヴェネチアを案内してくれた 現地ガイドさんは、生粋のヴェネチア人。アントニオ。

アントニオは 見た目は怖いオジさん(笑)

でも、日本語が すっごく上手で、面白くて、人の心をつかむのが とてもうまかった!

ヴェネチアに行って、ガイドさんが 見た目怖いアントニオとゆう名のオジさんだったら、当たりだと思って☆




その後は、ヴェネチアングラスの工房もどきに行きました。

なんで “もどき”かってゆうと、観光客に見せるために作られた部屋って感じだったから!

あれは 絶対工房ではないっ!!



*もどき**
461153_convert.jpg

ま、仕方ないか!

ヴェネチアングラスは ムラーノ島の伝統工芸品だもんね。

作り方を見れただけでも ラッキーだったと思おう♪




だんなっち と *tomo** の両親に、お土産のヴェネチアングラスの花瓶を購入しました v(。・ω・。)ィェィ




*お昼ごはん**
461246_convert.jpg

イカスミパスタ、生まれて初めて食べたよぉ~ヽ(・∀・)ノ ワチョーイ♪

黒かった!そして 具が何もなかった!

でも おいしかった~☆

それから イカのフリッターも絶品だった!




*また来るよ~**
461355_convert.jpg




ヴェネチアは 独特な雰囲気をもった街でした。

イタリアに行く前に、テレビで“アクアアルタ”とゆう異常潮位現象を知った *tomo**。

水位が高くなると サン・マルコ広場も浸水してしまうんです。

*tomo** が訪れた時は、アクアアルタの現象は起きてなかったけれど、アクアアルタの時に使う歩道用の台は準備されていました。




ヴェネチアがいつか 水の底の街にならないために、予防策が考えられているそうです。

こんなに素敵な街が 沈んでしまうなんて考えられない。

世界で起きている自然現象を もっともっと知りたいな~と思いました。



ika652.jpg


来訪ありがとうございます!

にほんブログ村 家族ブログ 新婚夫婦へ
にほんブログ村

4/5 フィレンツェで息切れ。

4/2~11 のイタリア旅行記です!

これまでの記事はコチラ↓をご覧ください☆
・ 『 出発前の不安MAX
・『 イタリアに出発!我が家~飛行場 編。
・『 イタリアに出発!日本~ソウル 編。
・『 イタリアに出発!ソウル~フランクフルト編。
・『 イタリアに到着!フランクフルト~ローマ編。
・『 4/3 青の洞窟(ナポリ&カプリ島)。
・『 4/3 ナポリ車窓観光。
・『 4/4 ローマの朝。
・『 4/4 ヴァチカン市国。
・『 4/4 トレヴィの泉、スペイン広場、真実の口。
・『 ローマの午後は何するだ~。
・『 4/5 花の都 フィレンツェ。






フィレンツェの午後は、ちょっぴり自由行動♪

*こんな路地を見ながら~**
451224_convert.jpg

暗い路地には足を踏み入れません。怖いですから(笑)




*サンタ・クローチェ教会**
451259_convert.jpg

だんなっち、こんな素敵な場所で あくび中。

ここの教会、正面から見たら絵みたいだった。

ふぅ~(。・ε・`。) ってしたら ピラピラーってとんでいっちゃいそうな感じ。




で、ジェラート屋さんが いっぱいで、これは食べなければ!! と意味もなく意気込む*tomo**。

午前中、現地ガイドさんに「ここのお店だけは入らないで下さい」と教えてもらったお店があったんです。

日本人で言葉が通じないのをいいことに アイス1つに € 15 をぼったくるとゆう理由。




ガイドさんに聞いたお店は避けて、別のお店に入った だんなっちと *tomo**。

ワッフルのコーンを選び、アイスを2種類ずつ頼んだ。

…で、お金を払おうとしたら「€ 30!」って言ってる。




嘘だと思いたいけど…言ってる。




€ 30 払い、外に出て 意気消沈の2人(´ω`。)

*1つ15ユーロのアイス**
451436_convert.jpg



ぼったくられたのか、本当にその値段なのかは 分からないまま。。。

だんなっちと、これからモノを買う時は値段を確認してからにしよう と心に決めました(涙)




*のぼるよぉ~**
451500_convert.jpg

ジョットの鐘楼にのぼりました♪

414段の階段は…きつかった…。

途中で何度もくじけそうになりながら、外の景色を時々見ながら頑張ってのぼった~☆




階段をのぼりきった所にある見晴台から眺める景色は絶景!!!!!

*街全体みえるよぉ~**
451446_convert.jpg

*ドゥオモも すぐそこだよぉ~**
451456_convert.jpg



ここで、同じツアーに参加している 新婚さんに出会ったので だんなっちはお決まりの挨拶を♪

「ドゥオモ こんにちは!」


・・・失笑(●´艸`)?!




自由時間もアッとゆう間で、その後は ベネチアのメストレ地区までバス移動しました(約3時間半)。


*ここで夕食~**
452027_convert.jpg

452030_convert.jpg

パスタも、白身魚も、ティラミスも、どれもおいしかった~♪

ここのお店は 地元のお客さんがたくさん来ていた。食堂みたいな感じなのかなぁ~。




この日 宿泊するのは、心配していた ベネチアのホテル。(過去記事は →こちら← )

実際は…めちゃんこキレイでした~!!

*B4**
452100_convert.jpg

今回の旅行を振り返ってみると、ここのホテルが1番よかったo(*^▽^*)o




イタリア旅行、この辺が折り返しかなぁ~。

ika652.jpg


来訪とっても嬉しいです!

にほんブログ村 家族ブログ 新婚夫婦へ
にほんブログ村

プロフィール

*tomo**

Author:*tomo**
2人で過ごす結婚生活。
のんびり田舎で暮らしてます。

大好きなブログのリンクは 『すきなもののこと』のカテゴリにありますので、ぜひご覧ください♪

記念日

検索フォーム

素材をお借りしています

人間が好きになる名言


presented by 地球の名言

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。